KPMG Logo

グローバルタックス

GLOBAL TAX ~ グローバルタックス──その背景とやりがい ~

KPMG税理士法人

なぜ税務にも“グローバル”なアプローチが必要なのだろう

今や人やモノ、情報は軽々と国境を越えて行き来するようになりました。企業にとっては、地球上のすべてが自らの市場です。これは大企業に限ったことではなく、中小企業やベンチャー企業も同様に海外進出や国際的な取引を行っています。
ただし、世界の国々には、それぞれの税法があります。国が変われば税金の制度は変わり、必要とされる税の知識も変わってきます。
国境をまたいである取引が行われた場合、その課税はどちらの国の税法に基づいて行われるのでしょうか。もしかしたら両方の国から課税され、税金を二重に支払うことになってしまうかもしれません。
ビジネスの取引がグローバル化するということは、このように企業にとって税務上の新たなリスクが発生しかねないということになります。つまり、2国間以上の税務の問題を扱うのが、国際税務。グローバルタックスの分野です。

「移転価格税制」とは何だろう

グローバルタックスで重要な税制が、移転価格税制です。
企業が、海外の関連企業との取引価格(移転価格)を第三者との取引価格と異なる金額に設定すれば、一方の利益を他方に移転することが可能となります。このような利益の移転を防止することを目的に定められているのが移転価格税制です。この移転価格税制について適切な対応を怠ると、企業は想定外の税務リスクを抱えることになりかねません。
また、税率の高い国から低い国へ所得を移し、納税額を抑えようとするBEPS(税源浸食と利益移転)のような行為は、課税時の税務リスクの増加につながりかねず、昨今ではBEPSに対応するための国際ルールの見直しの動きもあります。今後はより慎重な対応が必要でしょう。
TAXコンサルタントには、こうした状況を正しく把握しながら、最も効果的な国際税務コンサルティングを行う必要があります。

なぜKPMGはグローバルタックスに強いのだろう

グローバル展開を行う企業が税務コストの適正化を図るには、異なる国々の税制に精通し、その税務リスクを最小限に抑えるためのコンサルティングが必要です。そこで力を発揮するのが、KPMGならではのグローバルなネットワーク体制。世界各国のKPMGの拠点と協力し、最新の税制に対応した税務コストのマネジメントをサポートしています。
国際税務ならではのダイナミックなやりがいが、KPMGにはあります。

今や地球上のすべてが企業の活動領域だ。
国境を越え、言語や文化、習慣の壁を打ち破り、 企業は闘い、手を組み、事業を広げていく。
だが国が変われば税の制度も変わり、 時にはそれが大きなリスクとなって襲いかかる。
だからこそ求められるのが国際税務のスペシャリスト集団。
KPMGこそ、それにふさわしい。