KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

池田 望 Nozomu Ikeda

FinTech - ファイナンス & テクノロジー
マネジャー
税理士

2011年入社。学生時代はテニスサークルに所属。現在はクライアントのバスケットチームに参加して、汗を流している。家族は妻と、生まれたばかりの息子。忙しいながらも、子どもとの触れ合いを大切にしている。

KPMG税理士法人スタッフ

複雑かつ最先端の税制を扱う醍醐味。
確かな成長を実感できる環境がある。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

私はFinTech、つまりファイナンスとテクノロジー領域のクライアントをメインとするグループに所属し、その申告書作成業務やコンサルティング業務を担当しています。担当クライアントは年間30社ほどで、ファイナンス領域では、都市銀行や地方銀行、証券会社、クレジットカード会社、投資顧問会社などが主です。テクノロジーの領域ではゲーム会社やゲームの配信を行うプラットフォーマー、ソフトウェア開発会社なども私の担当です。航空業や電気通信事業などファイナンス及びテクノロジー領域以外のその他の領域も担当としてあります。
金融業界のビジネスは複雑ですが、申告書の作成に携わっていると、その複雑なビジネスモデルが次第にほぐれていき、仕組みがはっきりと見えてくるような面白さが味わえます。例えばクレジットカードは、私自身も日常的に利用していますが、申告書作成業務を通じて、通常では見えないお金の流れを見ることができます。税に精通しているクライアントの担当者も多く、我々に対する期待もかなりシビアですから、常に成長しなくてはならないという意識が不可欠です。そんなクライアントに対するKPMGの強みは、様々な金融機関の税務に携わっているということ。ある銀行で税務上の新たな課題が見つかったら、同じことが他の銀行でも起きている可能性がありますから、その情報を先回りして提供すればリスクが回避できます。このように様々な案件を扱うKPMGだからこそできる貢献があると思います。
また、コンサルティング業務については、最近はM&A案件が多く、クライアントの経営陣や経営企画部など中枢部の方々と接する機会があります。ダイナミックに変化していくビジネスの最前線で経営に携わっている方々の息づかいを間近で感じられることは、大きな刺激になります。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM 出社

出社

書類の準備をして、パートナー、マネジャー、スタッフ、私の4人でクライアントのもとへミーティングのために赴きます。大きなクライアントの場合は、こちらの出席者が10人近くに膨れあがることも。クライアント側は、税務室や主計部、財務部、経理部といった部署の部長以下、数人が出席されることが多く、クライアントごとに担当部署や出席者は異なります。
ミーティングでは、今年度の申告書を精査し、課題や問題点を洗い出します。

ランチ

Lunch

Lunch

書類作成、質問対応

PM 書類作成、質問対応

書類作成、質問対応

午後は、午前中のミーティングでクライアントから出された質問に対する回答を準備します。その間に別のクライアントからの問い合わせメールに対応したり、スタッフの作成した申告書のレビューを行ったりします。途中、クライアントからの1本の電話で緊急の対応が必要となり、夕方までに回答するために午後の予定が全部変わってしまうことも。そうした突発的な事態が起きても仕事の漏れや遅れが生じないよう、To Do Listで自分のスケジュールを常に管理します。
どんなに忙しい時でも、クライアントから「池田さんに教えていただきたいのですが」と名指しで電話やメールがくると、信頼されていることが実感でき、とても嬉しく感じます。

退社

退社

退社

普段はまっすぐ帰りますが、週末はパートナーやマネジャー、スタッフなど職位の異なる方々と飲みに行くことや同期のみで飲みに行くこともあります。仕事を離れ、お互いに本音で笑い合える時間を過ごすのは、とても楽しいものです。

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

税理士を目指すことにしたのは大学3年の時。自分の強みとなるような資格を取りたいと考えたのです。KPMGに入社したのは、やはり国際税務に携われること、上場企業など大手のクライアントを担当できることに惹かれたからでした。今は英語力をもっと磨きたいと思っており、近々、短期語学留学制度を利用して2週間、イギリスで学んでくる予定です。
今後の目標は、30代前半でマネジャーになることです。シニアが現場の管理職だとすれば、マネジャーは営業も含めた部署全体の管理職。税務だけでなく、クライアントのビジネスに精通することでより価値あるサービスを提案することが求められます。
そうしたミクロな視点でのアプローチに加え、マクロな視点で経済を見る目も身につけることで、クライアントが期待する以上の提案ができるようになりたいと思います。

My Story with KPMG

エピソード

以前、ある大きな金融機関の連結納税及び組織再編(M&A)のアドバイザリー業務に携わりました。クライアントの経営管理部と共に1年がかりで取り組んだ仕事でした。
その過程ではミーティングのたびに資料を用意してプレゼンテーションするということの繰り返しでしたが、クライアントに提出する前には、当然、マネジャー、パートナーのレビューを受けなくてはなりません。何案もの書類を作成し、レビューを受け指摘及び修正されて、書類をつくり直すという繰り返しでした。非常にハードな仕事ではありましたが、おかげで連結納税及びM&A業務の知識を吸収することができました。
このプロジェクトが終了した際、1年間の記録と共に今後の展望について冊子にまとめ、クライアントに提出しました。そこに提言として書かれてあることが、今、実際に事業として展開されており、M&Aのアドバイザリーとしての仕事の醍醐味を改めて感じています。

Message for you

先輩からのメッセージ

私がKPMGを選んだのは、上場企業、国際的な有名企業をクライアントに持つことに惹かれたからでした。実際、KPMGの税理士として仕事をすることで、若いうちから大企業の経営幹部の方々と一緒のミーティング等に参加することができます。同時に様々な階層の方々とも言葉を交わすことができます。こうした経験は社会人として得難いもので、KPMGに所属しているからこそできることだと感じています。
また、最近特に強く感じるのは、KPMGの“勢い”です。非常にアグレッシブな雰囲気が漂っており、それはKPMG税理士法人が、より大きな成長を目指して攻めに出ているからだと思います。もちろん今でもKPMGはBig4の一角を占める大きなファームですが、さらに飛躍を続けていくことでしょう。これから自分を大きく成長させたいと考えている方にとっては、とても素晴らしい舞台ではないでしょうか。