KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

濱 慎一 Shinichi Hama

トランザクションアドバイザリーグループ
税理士

2015年入社。高校まではサッカーに熱中し、大学では友人に誘われて入った税理士試験合格を目指すサークルで勉強に打ち込んだ。今、休日にはボランティアとしてそのサークルで後輩たちに勉強を教えている。

KPMG税理士法人スタッフ

KPMGだからこそ挑戦できる高い壁がある。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

不動産の証券化を行う特定目的会社には株式会社の形を取る場合が多いSPCや社団の形を取るTMKがありますが、私はそれらの税務デューデリジェンスやストラクチャー策定などのコンサルティング業務を担当しています。また、一般事業会社の組織再編に伴う税務リスクのアドバイザリー業務も行っています。
不動産業界に携わることになったのは私にとってこれが初めてのことで、高い専門性が求められる業界であることから、当初はSPC、TMKを含めて業界用語の意味すらわからずに戸惑うことがたくさんありました。その都度、言葉の意味を先輩に教わるとともに自分でも勉強。当時、パートナーからは「本を読むことも大切だが、実践を通じて身につけた知識こそ、本当の力になる」とアドバイスされたことを憶えています。
それどころか、デュー、ビジー、FSといった税理士業界でよく使われる業界用語も最初は耳になじみませんでした。というのも、KPMGに転職する前は個人経営の小さな事務所に所属しており、そこでは期限、繁忙期、財務諸表という言い方をしていたからです。
私がKPMGに転職を決めたのは、日本一の組織で大きな仕事を経験したいという思いがあったから。不動産業界という未知の業界を担当し、外資系を含めて多くの大企業をクライアントに持つようになったことで、私のそうした希望は十分にかなえることができました。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM 出社、思考の時間

出社、思考の時間

メールチェック後、業務スタート。私の場合、頭の働きが活発な午前中は“考える時間”にあてています。クライアントからの質問に回答したり、文書の構成を詰めたり、上司に相談事をもちかけたり。多くの時間を机に向かって過ごし、集中的に考えることに取り組んでいます。

ランチ

Lunch

Lunch

レポート作成

PM レポート作成

レポート作成

午後一番は、申告書の作成や後輩の作成した書類のレビューなどの業務をこなし、その後、デューデリジェンスについてのレポートの作成を行います。PowerPointやExcelを使いこなさなくてはならないので、税理士にとってPCのスキルは必須です。完成したレポートは上司に提出し、レビューを仰ぎます。上司といってもKPMGの上司は若い人ばかりで、コミュニケーションを取りやすいのが魅力です。そして、若いのにこんなに豊富な経験と能力を持っているのかと驚かされるのも、KPMGの上司ならではです。

退社

退社

退社

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

友人に誘われて税理士試験勉強のサークルを何気なくのぞいたことが、私の人生を決定することになりました。そのサークルで、企業の経営者のために力を尽くすという税理士の仕事を知り、自分も挑戦したいと決心したのです。ちなみに私を誘った友人はすぐにそのサークルを抜けてしまいましたが(笑)。
卒業後に入ったのは、サークルのOBが経営していた個人事務所。そこで税理士としての一通りの基礎を学んだ後、より大きな法人で自分を磨きたいとの思いで、KPMGに転職しました。上場会社を担当できる、アドバイザリー業務も経験できるといった点が、個人事務所にはない大きな魅力でした。
現在は上司の指示のもとで業務に取り組むことが多いので、早くクライアントの担当役員と直接やりとりができるくらいに成長したいというのが目標です。
将来の夢は独立開業です。

My Story with KPMG

エピソード

現在の仕事で最も印象に残っているのは、ある外資系企業の日本法人の案件です。その企業では本国の事業が不調ということもあって日本法人の資金繰りも苦しく、国税、地方税の支払いにも苦しんでいました。万が一、滞納ということになると資産の差し押さえになりかねず、そうなると事業継続さえも厳しくなります。そんな最悪の事態を回避するために、私はクライアントに代わって国税当局との交渉にありました。
私は換価猶予の申請によって差し押さえを避けようと交渉を行いましたが、クライアントには十分な担保がないため、当局はなかなか認めません。書類も何度も書き直して再出し直すことを求められました。
私は、クライアントには十分な納税の意志があること、そのためには事業を継続することが必須であることを何度も説明し、最終的に換価猶予の申請をすることができました。
この過程を通じて私は国税当局という税金のプロ中のプロと交渉する際に必要な専門知識やコミュニケーション力を学ぶことができました。また、クライアントのために強い意志を持って取り組むことで、高い壁も必ず乗り越えられることも学びました。
このように国税当局と直接交渉することなど、以前の事務所にいたときには想像すらできませんでした。KPMGにいるからこそ得られた、貴重な経験となりました。

Message for you

先輩からのメッセージ

KPMGで働いていて感じることは3点あります。
1つめが、いい人が多いということです。年次が上の方でも話しかけやすく、私が間違っているときは遠慮なく指導してくれます。飲み会など、仕事以外でのコミュニケーションの機会も盛んです。
2つめは、成長するための環境があるということです。これも“人”に通じることですが、税の専門家として豊富な知識を持つ人が周囲に多くいるため、常に刺激を受け、成長へのモチベーションが高まります。
そして3つめが、英語力を磨けるということ。海外のクライアントが多いため、業務を通じて自然と英語のスキルを身につけることができます。海外勤務の機会もあります。
これらがKPMGならではの魅力ですが、ただ、その魅力を活かせるかどうかは、あくまで自分次第です。KPMGには人生に対して高い志を持っている職員が多く、普段から“人生の夢”や“理想の生き方”といった話題で盛り上がることが少なくありません。そうしたテーマでも胸を張って堂々と自分の考えを言える、そんな方にぜひ挑戦していただきたいと思います。