KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

村岡 怜美 Remi Muraoka

Accounting and People Services
グローバルモビリティサービス
シニア

2016年入社。学生時代はマーケティングと会計を学ぶ。米国での生活やオーストラリアへの留学経験を持ち、語学力を活かしながら専門性を身につけたいとKPMGに入社。駐在員を支える仕事がしたいとグローバルモビリティサービスの業務を志望する。

KPMG税理士法人スタッフ

仕事を通じて得た専門性を発揮し、
人事税務のプロとして納得と安心を提供する。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

日本から海外へ、あるいは海外から日本へと、国境をまたいだ人事異動は日常的に行われています。そうしたクロスボーダーの異動に伴う税務申告や社会保障、ビザなどの幅広い分野のサポートを行うのが、私の所属するグローバルモビリティサービスのミッションです。ここで私は現在、クライアントからの依頼に応じて、海外赴任あるいは帰任する従業員のための税務に関するカウンセリング業務を担当しています。
所得税の制度は国や地域によって大きく異なりますから、従業員はどのような手続きをしなくてはならないのか、二重課税などの不利益を被るのではないかといった不安を抱えています。私はそうした個別のご相談に対応し、不安を取り除くべく、クライアントの人事部門に代わって詳しいご説明を行います。
個人の生活に深く関わる所得についてのご相談ですから、クライアントの方は真剣です。社命で海外に駐在したのに課税の面で不利益があってはならないし、その逆も好ましくありません。従業員の間に不公平感が生じないように配慮しながら、きめ細かな説明を心がけています。
まだ社会人経験の浅い私ですが、税についての専門知識を活かすことで、駐在員の皆さんのお役に立てていることには充実感を覚えます。「なるほど、安心しました。ありがとう」という言葉は、本当に嬉しく思います。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM クライアント対応

クライアント対応

駐在期間中の所得税に関する問題の難しさは、本人の負担分と会社の負担分の線引きをどうするかというところにあります。私は会社負担分と本人負担分について計算を行い、クライアントの人事部門に報告。どのように精算することが最も妥当か、電話でアドバイスします。

ランチ

Lunch

Lunch

ミーティング

PM カウンセリンググ

カウンセリング

クライアントの従業員の方に対するカウンセリングを行います。多い日は1日に3組になることも。当社まで足を運んでいただくのですが、処遇に関することですので、ご夫婦でカウンセリングにお見えになるケースも珍しくありません。カウンセリング終了後は内容をレポートにまとめて、ご本人にお送りします。

退社

退社

退社

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

私がグローバルモビリティサービスに関心を持つようになったのは、学生時代にあるファームのインターンでこの業務を経験したことがきっかけでした。私自身が父の仕事の都合で米国に暮らした経験を持っていたことから、駐在される方を支える仕事にやりがいを感じたのです。
入社後1年目、2年目はカウンセリングに臨む先輩のサポート業務からスタートしました。なにしろ税務に関しての知識はほとんどありませんでしたから、基礎から一つずつ学んでいきました。また、確定申告書類の作成も担当。日本の申告書はもちろんのこと、米国の申告書についても作成し、徐々に専門知識を身につけていきました。
そして3年目には一人立ちし、一人のプロフェッショナルとして、クライアントの依頼に応じて税務のカウンセリング業務を担当しています。このように知識ゼロから業務経験を通じて専門性を磨くことができたと感じています。
とはいえ、まだまだ発展途上。より質の高いカウンセリングを行うためにも、さらに専門性を深めていきたいと考えています。

My Story with KPMG

エピソード

入社3年目の今年、思いがけなく自分の仕事の醍醐味を再確認する機会に出会えました。KPMGのアジア・パシフィックに所在する各ファームからでグローバルモビリティサービスに取り組むメンバーがベトナムで一堂に会するという研修に参加することができたのです。
所得税に関する税制は国や地域によって大きく異なるので、私も申告書作成業務やカウンセリング業務に関連して各国のKPMGのメンバーに現地の税制について問い合わせを行っています。この会議では、普段はメールを介してやりとりしているメンバーと初めて顔を合わせてコミュニケーションすることができました。
海外の仲間はそれぞれの国の税制のポイントを紹介し、私も日本の所得税法のポイントについて説明するなど、とても有意義な情報交換ができました。何よりも海外の仲間が国境を越えて同じ業務に取り組むことで、KPMGのブランドにふさわしいサービスを支えているということに感銘を受け、私もその一員にふさわしい力を身につけるべく、自分を磨いていかなければと気持ちを新たにしました。

Message for you

先輩からのメッセージ

KPMGの一番の魅力とは、やはり人材育成に力を入れていることではないでしようか。例えば語学に関して、私はカナダでの語学留学の機会をいただきました。普段から業務で英語を使用しているため、「あえて語学留学へ行く必要はない」と判断されるかと思ったのに、それでも喜んで私をカナダへ送り出してくれたのです。本人が望めば学びの機会を積極的に提供してくれる風土は、素晴らしいと思います。
また、ワークライフバランスも充実しており、繁忙期を外せば長期の休暇も取りやすいと思います。私も長期の連休を使って海外旅行を楽しみました。長い休みでリフレッシュして仕事の活力を得るという、オンとオフのバランスのよさもKPMGの魅力の一つです。

文中の記載内容はすべて取材当時のものです。