KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

高橋 佑輔 Yusuke Takahashi

M&Aグローバル・ソリューションズ
マネジャー

新卒で入社した電機メーカーの営業職を6年経験した後、2009年に入社。仕事を家庭に極力持ち込まない主義で、休日は家族第一。幼い息子と家でのんびり過ごすのが一番の楽しみ。

KPMG税理士法人スタッフ

ダイナミックなクロスボーダー案件を通じて、国際税務のプロとして成長したい。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

企業活動のグローバル化、産業構造の変革などを背景に、国境をまたいだ企業買収や事業投資が増えています。こうしたM&A案件に対してコンサルティング業務を行っているのが私の所属するM&Aグローバル・ソリューションズで、私はその中でクロスボーダーのM&Aや海外投資に関する税務ストラクチャリングを中心とした業務を行っています。私のクライアントはほぼすべて日系企業で、大小さまざまな規模のプロジェクトベースで年間30~40の案件を担当しています。業種で言えば、総合商社、大手メーカー、エネルギー関連が目立ちます。
私の仕事はM&A案件の“健康診断”のようなものです。買収や事業投資に際し、対象となる海外企業に税務上の隠れた問題が潜んでいないか、つまり“病気”にかかっていないかを探っていきます。こうした問題はディールキラーと呼ばれており、万一見過ごすと、将来致命的な問題になりかねません。特に税制が整っていない発展途上国の企業の場合は、そのリスクが高くなりがちです。このように私たちは税制、商習慣、文化、言語の異なる世界各地域の企業の税務上のリスクを見つけ出すことで、クライアントに貢献しています。
“健康診断”の際にはKPMGのグローバルネットワークをフルに活用。各国の税制について詳しい情報を収集します。そこで大切になってくるのが柔軟な思考力です。税制とはこういうものだという思い込みを排除し、常に別の視点からその国の税制を見ることで、新たなリスクを発見することができるのです。
時に地球の裏側とのディールもあり、まさに地球全体をステージにしたダイナミックさを味わうことができます。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

タウン

AM 出社

出社

前日の夜に海外のKPMGに依頼していた税務に関する調査の結果が朝には届いているので、出勤後、確認します。こうした時差を利用したコミュニケーションは、業務を効率よく進めさせる上で欠かせません。
調査結果について検討した後、わかりやすい表現にまとめて必要に応じ日本の税制の観点に関するインプットを加え、クライアントに報告。さらにそれに対してクライアントから寄せられた質問を、再び海外のKPMGに送信します。こうしたメールでのやりとりで午前は忙しく過ぎていきます。

ランチ

Lunch

Lunch

テキスト

PM クライアントとミーティング

クライアントとミーティング

言うまでもなくM&Aや事業投資の際は、税金だけでなく、会計や財務、法律などの専門家が必要です。そのためKPMGグループ各社のメンバーや法律事務所の弁護士なども含めたプロジェクトチームがつくられます。社内のメンバーよりも社外のメンバーと接する方が多いのは、M&Aグローバル・ソリューションズならではの特徴でしょう。こうしたメンバーが一堂に会し、クライアントと共にミーティングを行います。
M&Aや事業投資はクライアントの内部でも極秘プロジェクトのことが多く、担当者も相応の責任ある立場の方がほとんど。経営幹部がアサインされていることも珍しくありません。そうした方からも私は国際税務のプロとして見られており、責任ある発言が求められます。プレッシャーはありますが、同時に誇りでもあります。

タウン

退社

退社

時差の関係で欧州や北中米との電話会議を遅い時間に行うこともあります。プロジェクトの状況に応じ喫緊の問題がなければ退社。

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

大学を卒業して入社した大手電機メーカーで、私は海外営業を担当しました。メーカーの営業は、激しい価格競争の中での闘いを強いられます。売価を1円下げることがどれだけ大変か、何度も思い知らされました。そんな中で私は税金もコストに跳ね返っているのだから、合理的に税金を下げることができれば、営業にとって大きな援護射撃になると思うようになってきました。同時に税務の専門家としてのスキルを身につければ、組織に頼らず自分の実力だけで生きていくことができるのではと考え、思い切って税理士法人に転職することにしたのです。30才という節目での大きな決断でした。
そうした遅いスタートである私が税のスペシャリストを目指すには、厳しい環境で鍛えていくのが一番です。それにふさわしいと思えたのがKPMGでした。
予想したとおり、KPMGには若手にも責任ある仕事に挑戦させ、実践で鍛えていくカルチャーがあります。これからも国際税務のスペシャリストとして自分を磨き、「国際税務でわからないことがあったら高橋に聞けばいい」とクライアントからファーストコールの相手として頼りにされるような存在を目指していきます。

My Story with KPMG

エピソード

最近、日本を代表する大手メーカーのビッグディールを担当することができました。その際、M&A対象の海外企業に対して税務デューデリジェンスを行ったところ、大きな税務リスクを発見しました。一歩間違うと莫大な損害になりかねない、まさにディールキラーそのものでした。もちろんすぐさまクライアントに報告。プロジェクトチームで対策を練ることになりました。
ディールキラーと聞くとマイナスのイメージしか浮かばないかもしれませんが、見方を変えれば、実はこれは大きな武器になります。プロジェクトではこの大きな税務リスクを買収相手との交渉材料に使うことを決定。相手にとって不利な材料を突きつけることに成功し、結果として有利な条件での買収に持ち込むことができました。
このケースのように、税務リスクの発見によって、マイナスをプラスに変えるような大きな貢献は、タックスコンサルティングの一番の醍醐味です。クライアントにとって常にベストの判断が下せるよう、さらに経験を積んでいきたいと思います。

Message for you

先輩からのメッセージ

学生の皆さんには、税理士法人の中にも私のように税理士を目指していたわけではない人間が活躍していることを知っていただけたらと思います。さらに言えば、私は学生時代に留学したこともなければ、前職で海外駐在をしたこともなく、英語に特に強いバックグランドを持っているわけでもありません。そんな私でも国際税務の専門家として活躍できる道がKPMGにはあるのです。
当法人には短期語学留学制度など研修の機会が豊富に用意されていますから、志さえあれば、入社後にいくらでもスキルを身につけていくことが可能です。私は3ヵ月間の海外研修制度「Trek」を利用してブラジルのKPMGに行った経験があります。じっくり腰を落ち着けて異文化コミュニケーションを学ぶことができ、かつ、通常の業務では電話とメールによるコミュニケーションしか取りようのない地球の裏側のブラジル税務専門家たちと同じ場所で業務を通して汗を流すことができた、非常に有意義な経験でした。
入社して6年間で関与した国は、約60ヵ国。平均して1年で10前後の国に関わるM&Aプロジェクトや税務ストラクチャリング業務に携わってきた計算になります。1つとして同じプロジェクトはなく、次から次へと新しい国の企業と接することができ、常に新しいチャレンジができます。こんなに刺激的でダイナミックな仕事があることを、ぜひ皆さんにお伝えしたいと思います。