KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

Thomas Arnot

トランザクションアドバイザリーグループ
アシスタントマネジャー

2013年入社。イギリス出身。大学時代に1年間日本に留学したことがきっかけで、卒業後に再来日して入社。日本で好きな街は代官山と吉祥寺、留学時代に住んでいた神戸。週末の昼は自転車や水泳で汗を流し、夜は友人と出かけている。

KPMG税理士法人スタッフ

グローバル企業のビッグディールに関わる誇り。
若手にこそ大きなチャレンジが用意されている。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

タックスを切り口に、様々な側面からクライアントに貢献できることがKPMGの大きな魅力です。私自身は入社後に税務ストラクチャリングアドバイスの書類作成業務を担当し、現在は主たるクライアントである海外の投資ファンドに対してトータルなコンサルティング業務を支援しています。日本ならではの不動産にまつわる税制についてクライアントにアドバイスし、キャッシュフローモデリングや税負担のコストインパクトも含めたトータルなサポートを行っています。仕事の魅力は、やはりビッグディールの案件が多い点でしょう。KPMGはBig4の一角を占める税理士法人であり、抜群の知名度を誇っています。それゆえに多くの上場企業、有名企業をクライアントに持ち、手応えのある大型の案件を担当できるのです。
英語を母国語としていることは私にとってアドバンテージですから、それを武器として海外の大企業をクライアントとして担当させてもらっています。加えて日本語ができることも私の強みであり、クライアントのジャパンオフィスの日本人担当者とのコミュニケーションもスムーズです。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM 出社

出社

時差の関係で夜中にニューヨークなどからメールが届きます。そのチェックは出勤の電車の中で済ませてしまい、出社したらすぐに当日の予定の仕事に取りかかります。午前中は、香港、シンガポールのオフィスと電話会議を行うことが多いです。プロジェクトの進捗状況を確認し、情報を共有します。

ランチ

Lunch

Lunch

日本だけでなく、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ポーランドなど、KPMGでは様々な国の出身者が活躍しています。グローバルで運用されている語学研修制度であるTrekを利用して滞在中の外国人もいます。そうした海外の仲間と、スタッフからシニアマネジャーまで役職に関係なく一緒になってランチを楽しむこともあります。

メール対応

PM メール対応

メール対応

クライアントや弁護士から問い合わせのメールに対応します。

電話ミーティング

電話ミーティング

電話ミーティング

ヨーロッパからのメールに対応しつつ、ロンドンのチームと電話でのミーティングを行います。その後、クライアントにプレゼンテーションするための資料を作成し、マネジャーにレビューしてもらいました。

退社

退社

退社

KPMGでは「上司が帰るまでは残らないといけない」という文化はないので、仕事がなければすぐに帰れますが、緊急の案件を抱えている際は深夜まで残り、例えばニューヨークのオフィスと電話でミーティングを行うこともあります。

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

イギリスの大学で3年生になった時、神戸の大学に1年間留学しました。両親がかつて米国で暮らしていたように、親戚も含めた私の身内では多くの人間が海外で活躍しています。ですから私が海外で学ぶことは自然な選択でした。そして、この留学で日本が好きになり、以前からイギリスのKPMGには興味があったので、卒業したら再び来日して日本のKPMGに入りたいと思うようになったのです。
現在私が面白いと思っているのは、不動産のプロジェクトです。不動産というのは実際に目に見える、物理的な存在。単に数字を扱うだけにとどまらず、実体のあるものに関与できているという実感が面白いです。ですので、今後も不動産の案件に関わることができたらと思っています。
昨年は研修でドイツに渡り、ミュンヘンで国際税務について学びました。世界中のKPMGから参加した仲間とディスカッションし、充実した時間を過ごせたことは良い思い出ですし、私にとって大きなプラスとなりました。将来は私もTrekを利用して日本以外の海外で過ごしてみたいと考えています。
もちろん私は日本という国が大好きなので、今後も日本に滞在し、KPMGでより責任ある不動産プロジェクトをリードしていきたいと思っています。

My Story with KPMG

エピソード

今まで最も印象深かった案件は、入社2年目に担当した案件でした。これは、リーマンショック以降の日本における最大級の不動産プロジェクトについてアドバイスするという仕事です。相当限られた時間の中で、セラーとの交渉の席にも同席し、税務だけでなくコマーシャルなアドバイスなど多様な経験を積むことができ、無事にクローズできたときはクライアントに高く評価され、私も達成感がありました。
もう一つ印象深いのが、まさに今現在担当しているプロジェクトです。4、5ヵ国のプレーヤーが関わっている、とにかくスキームの複雑な仕事です。プロジェクトに関わっている中には各国の弁護士もいるのですが、全体をリードする役目はあくまで税務の専門家が担っています。私がプロジェクトの中心になって自ら汗をかきながら事業を進めていくことを、とても誇らしく感じています。

Message for you

先輩からのメッセージ

私たちの仕事の醍醐味は、クライアントの抱える様々な課題に対して、柔軟にアプローチできることにあります。学生の皆さんは税理士法人と聞くと税務申告業務のイメージが強いかもしれません。しかし、実際にKPMGに入社されたら、きっとその仕事の幅広さに驚かれることでしょう。
KPMGの魅力は、社員の成長に対して手厚くサポートしてくれることです。若手にも大きなチャレンジの場を与えてくれるので、ここにいるだけで様々な分野の仕事ができ、上場企業の大きなプロジェクトにも参画できます。
もちろんこうした環境をどう活かしていくかは、自分次第です。どんなことからも逃げず、むしろ逆境をチャンスととらえて挑戦できる方に、私たちはぜひKPMGをおすすめしたいと思います。