KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

山本 裕弥 Yuya Yamamoto

トランザクションアドバイザリーサービスグループ
シニア
税理士試験合格

2014年入社。学生時代は仲間とサッカーやストリートダンスに熱中。現在は会社のフットサル部で活躍している。休日には夫婦で美味しいものを食べに行くのが楽しみ。

KPMG税理士法人スタッフ

高いレベルで多くの仕事を経験することが、かけがえのない財産になる。
そう信じてKPMGを選んだ。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

私の所属するトランザクション アドバイザリー グループでは、国内不動産に投資を行っている外資系ファンド等の申告書作成業務を中心に、税務リスク調査などのコンサルティング業務も手がけています。また不動産関連だけにとどまることなく、リース会社や一般の事業会社も広くクライアントとして持っています。実際私も入社1年目に不動産の証券化を行うSPC(特定目的会社)の申告書作成業務を担当した後、2年目からは日系の一般事業会社のコンサルティング業務を担当しています。不動産投資に関連した税務のスペシャリストやM&Aに関連した税務のスペシャリストを目指しながら、幅広い分野の税務に携わることもできるのが当グループの面白みで、税理士としてどのような道を歩んでいくか、自分で選べることが魅力です。
私はSPC以外にも一般の事業会社を担当しており、その売上金額の大きさも含めたスケール感が仕事のやりがいにつながっています。同時に、このような企業に対してKPMGの看板を背負って向き合っているわけですから、絶対にミスは許されないという緊張感も忘れません。
KPMGにはダブルチェックの制度が確立されており、タックスコンサルタントとして私がクライアントに回答する内容についても、必ず上司のチェックが入ります。この積み重ねによって獲得してきた信頼の上で私の業務も成立しているのですから、万が一にもミスがあってはならないと常に自分を厳しく律しています。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

タウン

AM 出社

出社

テキスト

申告書作成

申告書作成

担当しているクライアントの申告書の作成業務を進めます。不明点がある時は、電話でその都度クライアントに確認します。KPMGのライブラリで調べることも可能ですが、クライアントの業務に関してはクライアントの方が絶対に詳しいですから、自分で調べつつも必ずクライアントの確認をとるようにしています。また、クライアントから「このケースは交際費に該当するか」「この場合に源泉徴収義務はあるか」といった問い合わせのメールを寄せられたときは、なるべくスピーディーに対応するよう心がけています。メールの一つひとつから、“クライアントから信頼されている”という実感を得ることができます。

ランチ

Lunch

Lunch

天気がいい日は外に出て、同期とおいしいランチをいただきます。

テキスト

PM コンサルティング業務

コンサルティング業務

午後は担当している日系企業のコンサルティング業務を行います。現在は法人税や事業税などが適正に申告納税されているかどうかを確認する税務デューデリジェンスを進めています。大企業を担当しているとちょっとした計算違いでも何億円という金額になりますので、気は抜けません。私のような若手であっても、発する言葉はKPMGの言葉とイコールですから、責任は非常に重いです。また、クライアントの事業について私の知識不足を感じることも多く、もっと勉強しなければと強く感じています。

タウン

退社

退社

繁忙期には遅くまで残業することもあります。決して楽ではありませんが、その経験の一つひとつが自分を鍛えてくれると確信しています。すべての仕事が、私にとっては将来のための“筋トレ”のようなものです。

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

税理士を志したのは大学2年生の時でした。人生の選択肢を増やすには資格を身につけたいと考えたのです。卒業後、個人経営の小さな税理士事務所に入所した後、KPMGに転職しました。
実はKPMGには、上司とフェイス・トゥ・フェイスで面談する人事制度があります。この席では過去の業務の振り返りを行いつつ、次の1年間に向けた目標設定について話し合います。上司からは「今何をしたいかと考えるのは重要だが、できることは何でも挑戦した方がいい」というアドバイスをいただいており、その言葉に従って申告業務、コンサルティング業務と、多様な仕事に取り組んできました。
今後のビジョンについては考えているところですが、間違いなく言えるのは、税理士は将来の選択肢が多い職業だということです。KPMGで幹部の道を目指してもいいし、一般の事業会社に転じてもいい。さらには独立して個人事務所を立ち上げることもできる。このようにいろんな道が開けているのが、税理士だと思います。
どの道に進むことになろうとも、20代のうちはがむしゃらに自分の基礎を鍛えたいと考えています。

My Story with KPMG

エピソード

最初に勤めた個人経営の小さな税理士事務所では、徐々に仕事に物足りなさを覚えるようになりました。居心地のよい事務所だったのですが、若い時こそ自分に負荷をかけながら働きたいと考え、それには大きなクライアントを担当できる環境が必要だと思い、KPMGに転じることにしたのです。
ところが実際にKPMGに転職した私を待っていたのは、想定以上のプレッシャーでした。というのも、新卒入社と異なり、私は既に税理士事務所で経験を積んでいたわけですから、最初から税務のプロとして「これぐらいはできて当然だろう」という受け止め方をされていたからです。そして任せられた仕事が、前職では経験したことがなかったほどレベルの高いもので、正直、真っ青になりました。
ただ、後悔はまったくなかったです。絶対に周囲の期待に応えてみせると思いましたし、ここを乗りきることで大きな成長が得られるという確信もありました。さらに上司が私に非常に気を配って後押ししてくれました。おかげで最初の山を乗り越えることができ、この環境でやっていけるという自信もつき、その後も着実に成長を続けているという自覚があります。
税理士としての長いキャリアを考えた時、自分を厳しく鍛える時期というのは絶対に必要です。その環境を求めてKPMGに転職したのは、正解でした。

Message for you

先輩からのメッセージ

私がBig4の中でKPMGを選んだのは、“人”の魅力です。上司や先輩など、KPMGには若い人材を育てるために真摯に向き合ってくれる方ばかり。志が高ければ、たとえ税の知識が不十分であっても必ず育っていける環境だと思います。皆さんもきっと“この人の下で一緒に働きたい。そして鍛えてもらいたい”と思える先輩に巡り会えるはずです。
また、私は税理士試験に4科目合格で入社し、その1年後に最後の1科目を受験するため、1ヵ月間休みをもらいました。これはKPMGに試験休暇制度があるからできたことです。こうした環境も、税理士を目指す方には大きな魅力ではないでしょうか。
このようにKPMGでは、働きながら自分を磨き、学んでいくことができます。知識面は入社後に身につけていけば十分。むしろ、例えば「エクセルに精通している」「英語のスキルが高い」といった自分ならではの武器を持つようにすれば、将来に向けての大きな強みになるでしょう。