KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

木村 真実子 Mamiko Kimura

国際事業アドバイザリー
マネジャー

2013年入社。移転価格のコンサルティング業務に興味を抱き、新卒で大手ファームに入社。その後、よりグローバルな環境を求めてKPMGへ。休日にはリフレッシュのためにテニスコートやジムで汗を流している。

KPMG税理士法人スタッフ

クライアントの厚い信頼に応え、プロとしての真価を発揮する。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

日本企業のアジアでの事業展開は、これまでは「世界の工場」と呼ばれていた中国が中心でしたが、現在では東南アジアやインドなど、他の新興国へと広がりを見せています。国が変われば税制が変わるのは当然で、新興国となるとより慎重な対応が必要となり、私たち移転価格のコンサルタントが果たす役割はますます重要なものになっていきます。
同時にクライアントからは事業戦略により深く関わることが求められるようになりました。多国間にわたる移転価格の問題を税制上の観点にとどまらず、経営に深くコミットした多角的な視点で取り上げ、クライアントに対して総合的なサポートを提供していかなくてはならないのです。
そして、それゆえの影響力の大きさこそ、まさに移転価格コンサルタントにとってのやりがいでもあります。CFOやCEOといったクライアントの経営幹部に直接提言を行う機会も珍しくなく、プロフェッショナルとしての価値発揮ができているという充実感は、この仕事の大きなモチベーションです。同時並行的に多くのプロジェクトを手がけるなど多忙な毎日を送っていますが、そこで得られるやりがいの大きさは、言葉では表しきれません。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM 出社

出社

メールチェックを行い、今日一日の予定を確認します。

ミーティング

ミーティング

ミーティング

クライアントのもとに出向き、CFOを含む経営幹部に対してプロジェクトの最終報告を行います。非常に緊張しますが、ここで感じるプレッシャーはプロフェッショナルとしての期待の裏返し。むしろこの緊張を楽しむつもりでミーティングに臨んでいます。質疑応答では、より突っ込んだ内容についてのディスカッションも行われ、終了時には大きな達成感が得られました。

ランチ

Lunch

Lunch

書類のレビュー

PM 書類のレビュー

書類のレビュー

スタッフに依頼していた分析レポートが上がってきたので、レビューを行います。チームには新卒で入社した若いスタッフが多く、経験や知識が不足していると感じられる場面もありますが、だからこそレビューは育成のための絶好の機会ととらえています。指導の際に私が力を入れているのは、目的意識をはっきりさせて仕事に取り組む意識を植え付けることです。ただ上司に命じられたことを機械的にこなすのではなく、なぜこの仕事が必要なのか、どんなアウトプットが求められているのか考えながら仕事に取り組むことが、成長のためには絶対に必要だからです。私にアドバイスを求める際も、間違っていてもいいから自分なりの答えを用意してから質問にくるようにと指導しています。

クライアント対応

クライアント対応

クライアント対応

国際税務に関してクライアントから質問がきたので、対応します。クライアントからは私の専門外の質問がくることも珍しくありませんが、私はどんな場合でも「わかりません」とは口にしないようにしています。クライアントは私のことを税務のプロとして接していますから、私がNoと答えた瞬間、クライアントは失望してしまいかねません。そこで、自分の専門外の質問が来た場合は、調べてから折り返し連絡をとったり、他部署の専門家を紹介するなど、次につながるような対応をしています。これもプロフェッショナルとしての私の矜持です。

香港出張へ

香港出張へ

香港出張へ

この日は成田空港に向かい、パートナーと共に夕方の便で香港に飛びます。目的は香港にある日系企業の子会社とのミーティング。こうした出張は年に数回あります。

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

私が移転価格について興味を持つようになったのは、就職活動の時期でした。国際的な業務に就きたいと考えて商社やメーカーを志望していた私は、移転価格こそ望んでいた仕事ではないかと感じ、この業界に飛び込むことを決意したのです。
これからも移転価格の領域で経験を積み、スキルを磨いて、世界のどこでも活躍できるような存在になりたいと思います。いずれは海外駐在もしたいと考えており、そのためにも今は目の前のクライアントの期待に応えることに全力を尽くしていきます。
私が特に恵まれていると感じるのは、一緒に仕事をしている上司、先輩が素晴らしい人ばかりであるという点です。それぞれが文字通り移転価格のプロフェッショナルと呼べる存在で、自分の目標とすべき存在が常に身近にいるというのは、モチベーションを高く保つ上でも本当にありがたいことです。

My Story with KPMG

エピソード

若い時から責任ある仕事を任せてもらえる環境は、成長にとって大きなプラスです。入社3年目、スタッフだった私はパートナーと直接仕事をする機会を得ました。通常ならばマネジャーを介してということになるのですが、マネジャーロール、すなわちスタッフがマネジャーの機能も兼ねるプロジェクトに自ら希望して携わることができたのです。
とても大きなプロジェクトで、スタッフとして業務をこなしつつ、本来はマネジャーが行う管理業務も私が担当しなくてはなりませんから、大変な忙しさでした。しかし、何よりもキツかったのは、絶対にプロジェクトを失敗させてはならないというプレッシャー。初めてのことばかりで、手探りで進めることも多かったのですが、常に先を見ながら目の前の仕事をこなしていくということを学びました。
何よりも大きいのは、オーナーシップが私の中に芽生えたことです。オーナーシップ、つまり仕事の当事者は自分であるという意識を持つようになったことで、私は例えばクライアントからのメールを上司に取り次ぐ際も、自分なりに必要と思われる書類を揃えるなど、一歩踏み込んだ姿勢で取り組むようになったのです。このような意識を身につけたことは、その後の成長につながりました。

Message for you

先輩からのメッセージ

皆さんは税理士法人と聞くとハードルが高いというイメージを持たれるかもしれません。私もそうでした。税金や会計と聞いただけで自分には関係ないと思っていたのです。けれど思い切ってこの業界に飛び込んでみて感じたのは、プロフェッショナルとして社会のどこでも通用する武器を身につけるには、とても素晴らしい環境があるということです。
私は税務コンサルタントとして、移転価格という国際税務の最前線で、クライアントからの信頼に応えて責任ある仕事を任されています。皆さんもハードルの高さなど意識せず、ぜひこの業界に挑戦してみてください。プロとして生きていこうとお考えなら、ぜひおすすめしたいと思います。