KPMG Logo

キャリアパス

CAREER PATH

KPMG税理士法人

KPMG税理士法人における職務階層(クラス)は、「パートナー」「シニア・マネジャー」「マネジャー」「アシスタント・マネジャー」「シニア」「エクスペリエンスド・スタッフ」「スタッフ」の7つのクラスに分かれています。新卒あるいは実務未経験で入社された方は、まずはスタッフとして上席職員の指導の下、TAXコンサルタントとしての実務に就いていただき、様々な実務経験を積んで次のクラスへとクラスアップしていきます。各クラスで求められる水準は、業務上の行動指針ならびに人事考課における考課基準として明確に定義づけられており、期待される水準を超えると、次のクラスへと昇格します。

KPMG税理士法人

各クラスにおける主な職務内容

※ 法人税のコンプライアンスとコンサルティングを行っている場合

スタッフ

実務経験のない方はスタッフとして入社し、プリペアラー(申告書等の一次作成者)として比較的難易度の低いコンプライアンス業務(申告書作成を中心とする業務)に従事し、シニアの指導を受けながらTAXコンサルタントとしての実務経験を積んでいきます。

エクスペリエンスド・スタッフ

スタッフとして基礎的な実務を経験した後、主として入社2年目から3年目においては、プリペアラーとして担当する業務の難易度も、個人の希望や能力を勘案の上、序々に高まっていきます。比較的簡易なコンプライアンス業務においてはスタッフを直接指導する役割も担当し始め、実務を通じて無理なくシニアへステップアップするためのクラスが準備されています。

シニア

実務におけるリーディングスタッフ(=インチャージ)としてコンプライアンス業務を担当し、自己が策定した作業スケジュールに基づく必要業務の適時な完結と、その業務内容について一定の責任を持つようになります。スタッフへの指導は中心的な役割を果たすとともに、自己が担当するクライアントを中心として、税務コンサルティング業務の比重も高まっていきます。このクラスから、個人の意向等をふまえて、国際税務やM&Aなど、特定分野における専門性を追求していくことが推奨されます。

アシスタント・マネジャー

管理職1年目として、難易度が高いコンプライアンス業務においてインチャージを担当する一方、比較的簡易なエンゲージメントにおいてはマネジャーとしての業務を担当します。専門分野においては、上席者であるマネジャーやパートナーとともに、税務コンサルティング業務を中心としたクライアントサービスを提供して行きます。

マネジャー

業務全般を統括し、チーム全体が円滑に業務を遂行できるように管理していきます。また、高度なTAXコンサルタントとしての視点から、クライアントにおける具体的及び潜在的問題点の挙握と解決を行います。クライアントのニーズに対する深い理解を持ち、クライアントと良好な関係を作り上げていく事も要求されます。

シニア・マネジャー

コンプライアンス業務、コンサルティング業務のいずれにおいても、高度な知識と経験を背景に難易度の高い業務をマネジャーとして担当します。自己の専門分野においては、エンゲージメントのリーダーとしてクライアントのみならず、時にパートナーへの助言も行うとともに、パートナーへの準備段階として業務開発やファーム運営にも参加していきます。

パートナー

ファームの経営者ならびにクライアントサービスにおける責任者として、業務の大局を把握し、提供するサービスの品質、良好な関係維持についての最終的責任を負います。クライアントの潜在的なニーズを掘り起こし、積極的な業務開発を行うことが求められます。