KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

絹川 真司 Shinji Kinugawa

インターナショナル コーポレート タックス(大阪)
シニア
税理士

2012年入社。東京の大学で学んだ後、京都の大学院を経て、現在はKPMGの大阪事務所で活躍中。多忙な毎日を送っているため、休日は夫婦で買い物や食事を楽しみながらゆったりと過ごしている。

KPMG税理士法人スタッフ

学ぶことが喜びだから、限りなく成長することができる。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

私が所属している大阪事務所は、若いうちから1人でコンプライアンス業務もコンサルティング業務も担当する幅の広さがあります。東京事務所が担当業務ごとに組織が分かれているのに対し、大阪事務所は業務ごとの組織になっていません。税務のプロとして価値発揮ができるなら、クライアントの求めに応じてどのような案件でも手がけられるのです。
私も入社1、2年目は税務申告書作成業務がメインでしたが、現在はM&Aなどの税務リスクについてクライアントをサポートするコンサルティング業務へと軸足を移しつつあります。どちらの業務もやりがいは大きく、申告書や報告書など、アウトプットが何らかの形になるのが面白みです。
申告書作成業務は冬から春にかけてピークとなりますが、コンサルティング業務には時期は関係ありません。そのため両方の業務が重なることも珍しくなく、かなり多忙になります。その分、短期間で多くの経験を積むことができています。また、若手にもプロジェクトの責任者を任せる方針なのが大阪事務所。成長のスピードが速いのが最大の魅力でしょう。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

タウン

AM 出社

出社

午前中は、クライアントからのメールへの対応で過ぎていきます。様々な取引についての税務上の取り扱いなど、寄せられた質問に対して回答。もちろん返信の前にはドラフトを作成してマネジャーのチェックを受けます。

ランチ

Lunch

Lunch

テキスト

PM 申告書作成及びアドバイザリー業務

申告書作成及びアドバイザリー業務

午後はスタッフが作成した税務申告書のレビューを行います。毎年担当させていただくクライアントも多く、また、経験を通じて間違えやすいポイントも見えてくるため、レビューの際はクライアントごとにそのポイントを中心にチェックします。
また、アドバイザリー業務も並行して進めています。過去の税務申告書を分析して税務リスクを洗い出したり、M&Aの案件では税務リスクを最小限に抑えるスキームを検討したり。多くの案件を抱えているので、常にスケジュールを確認しながら、効率よく進めていくことを心がけています。
大阪事務所のメンバーは約50人。それぞれのデスクはしっかりと仕切られており、自分だけの空間という感覚で集中して取り組むことができます。

タウン

退社

退社

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

就職活動で最初に志望していたのは外資系の投資銀行。残念ながら希望はかなわず、単に語学が得意というだけでは通用しないと痛感しました。そこでビジネスの最前線で活かせる武器を身につけようと大学院に進んで会計を学び、公認会計士の資格も取得。目覚めたのが、税の面白さでした。そしてせっかくなら大きい仕事がしたいと考え、Big4の一角であるKPMGに入社しました。
実際、KPMGでは日本を代表する大企業、国際企業の税務に関わることかできます。私はマネジャー、パートナーとキャリアアップしてさらにスケールの大きな仕事に取り組みたいと考えています。
キャリアアップのために必要なのは、税の知識はもちろんのこと、クライアントと強い信頼関係を築くための人間力です。私がKPMGの面接で出会ったのも、まさにそんな先輩でした。深い知性がにじみ出て、人間的にも尊敬できる、そんな先輩のような人間を目指して努力を続けていきます。

My Story with KPMG

エピソード

1年目は、クライアントからの質問や連絡はすべて上司宛て。自分宛ての連絡はありませんでした。大学院で会計を学んできたといっても事務経験はゼロでしたから、それも当然でした。
それが2年目になってクライアントにアドバイスをさせていただくようになると、自然に名指しで問い合わせをいただく機会が増えてきたのです。当然、期待される以上のアウトプットを出したいと思うようになり、それが自分を磨くモチベーションになっていきました。
KPMGの魅力の1つに、ミスから学び、成長できる環境があげられます。知識不足、経験不足からミスをしても、指導はされますが、叱られることは滅多にありません。なぜミスをしたのか考えさせ、そこから学ぶことで成長させていこうという考え方がKPMGには根づいているのです。もちろん上司がしっかりとチェックしているので、誤った内容がクライアントに伝わることはありません。
この環境で私は鍛えられ、成長してきました。スタッフからシニアに昇格するときに自分に課したのは、もうミスはしないということ。向上心を忘れず、常に学び続けることで、さらに成長を続けていきたいと思います。

Message for you

先輩からのメッセージ

税務アドバイザリーの面白さは、クライアントに与える影響が大きいという点です。特にKPMGは多くの大企業、国際企業をクライアントにしているため、誰でも知っている有名企業に大きなインパクトを与える仕事ができる点が魅力です。海外のKPMGと連携して取り組む国際的なプロジェクトにも参画できます。
英語のスキルについては、私自身、入社前は絶対に必要だと思っていました。しかし、実際に働いてみると、たとえ英語ができなくても仕事の面では心配いらないということがわかりました。英語が必要な場面ではそのスキルを持った人間が力を発揮しますし、そうした仲間に囲まれた中で自然に英語の力も磨かれていきます。心配せずに飛び込んできてください。