KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

松岡 由子 Yuko Matsuoka

M&Aグローバル・ソリューションズ
エクスペリエンスドスタッフ
税理士試験合格

2016年入社。広島出身で、大学卒業後は一度地元に戻り小規模な個人事務所で税理士としてのキャリアをスタートさせる。その後、上京してKPMGへ。

KPMG税理士法人スタッフ

未知の世界に挑戦するからこそ、
自分の中の無限の可能性が引き出せる。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

私の所属する部署ではM&Aや組織再編に伴って生じる税務リスクについてアドバイザリー業務を提供しており、私はグローバルに事業を展開する日本の大企業を主なクライアントに海外企業との合併・買収等に伴う事案を担当しています。
クライアントは日本を代表するような大企業ですので、そのM&A/組織再編が産業界に与えるインパクトは相当なものです。クライアントが持つ技術や特許と、買収先の持つリソースが融合することで新しい技術が誕生することもあり、そうした新しいイノベーションに税務という側面から携われることは私にとって大きな誇りです。
もちろんクライアントから私たちに課せられる期待は大きく、生半可な知識ではとてもその期待には応えられません。案件ごとにすべて条件が異なるため、適切なサポートを行うためには条文を徹底的に読み込むことが不可欠です。これは、専門性を身につけるという点でも成長に結びつきました。
また、買収対象が海外の企業の場合は、当該国家の税務リスクを明らかにするためにKPMGの海外のメンバーファームへ問い合わせることも必要です。必然的に英語でコミュニケーションする機会が増え、英語力もかなり磨かれたと感じています。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM 出社、メール対応

出社、メール対応

私の一日は日によっては英文メールへの対応から始まります。時差の関係から、こちらの就業時間外に相手からメールが届き、こちらが返信するときは相手の就業時間外です。表現が不適切で誤解が生じると、余計なメールの往復が増え、一日を無駄に費やすことに。そうしたロスを防ぐためにも、わかりやすい表現での英文メールの作成は重要です。その後、クライアントからの問い合わせ対応に伴う調べ物などを行います。

ランチ

Lunch

Lunch

ミーティング

PM ミーティング

ミーティング

上司と共にクライアントに出向き、ミーティングを行います。内容は進捗の確認が多くを占めます。再編の状況について中間報告を受けたり、それに対する税務リスクについて検討したり。若手メンバーである私は書記を務めることが多く、正確な記録を取って関係者で共有します。

退社

退社

退社

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

私が地元・広島の個人事務所からKPMGへの転職を決意したのは、一通りの申告業務ができるようになったことを機に、グローバルな大企業をクライアントに持ってステップアップしたいと思ったからでした。それにはBig4がふさわしいと考え、実際にKPMGの法人説明会に足を運んでみたところ、その明るくて洗練された雰囲気に惹かれ、転職を決めました。
地方の個人事務所からKPMGへの転職ということに臆することはなく、むしろ非常に楽しみでした。教育システムがしっかりしているという点も、心強かったです。実際、架空のクライアントを想定して申告業務を行うトレーニングが非常に実践的で役に立ちました。また、パートナーが折に触れて若手に講義を開いてくれるのも、ありがたく感じています。
この仕事は性別に関係なく一生続けられると思っていますので、私もこの先いろいろなライフイベントを経ても、ずっと続けていきたいと考えています。今はそのために地道なスキルアップを自分に課している段階です。素晴らしい先輩が周囲にたくさんいますので、その背中に学んでいきたいと思います。

My Story with KPMG

エピソード

大きなクライアント、グローバルな仕事を希望してKPMGに転職した私ですが、入社以来、一番印象に残っているのは、政府の依頼で海外の税制についての調査を担当したことです。6人のメンバーが半年がかりで取り組んだプロジェクトでした。
詳細な点はお話しできないのですが、日本の税制改正に向けて海外の国々の税制について調べるというプロジェクトで、海外のKPMGのグループファームに問い合わせながら、調査を進めました。海外には日本では推し量れないような特殊な税制もあり、それらの情報は政府の関係者にとっても非常に有用です。気をつけなければならなかったのは、それらの税制をつい日本の常識で読み解こうとすることで、そうすると本質を読み誤ってしまいかねません。ミスリーディングには十分気をつけました。
調査した内容は報告書として提出しましたが、受け取る側は税制改正に関わっている方々なのでチェックは非常に厳しいものでした。
このプロジェクトを通じて私は海外の税制についての知見を身につけることができ、それは今後グローバル企業のM&A関連の業務をサポートする上で必ず強みになることでしょう。海外法人同士の組織再編の案件も含め、クライアントにさらなる貢献ができればと感じています。
このようなプロジェクトに参画できるチャンスがあるとは、前職では予想もしませんでした。この点だけでも、KPMGに転職したことは私にとって大きなプラスだったと感じています。

Message for you

先輩からのメッセージ

もし私の友人が、KPMGで多忙な日々を送るか、個人事務所で穏やかな日々を送るか、迷っているとしたら、私はためらうことなく前者を選ぶように勧めます。確かに仕事は忙しいし、クライアントからのプレッシャーも大きいですが、必ず自分の世界が広がり、成長できるでしょう。KPMGだからこそ経験できることは必ずあるはずで、それはできるだけ若い時期に直面した方が鍛えられると思うのです。
また、私の部署では特に海外案件が多いので、英語力を活かした仕事がしたいという方には特にお勧めしたいと思います。KPMG全体に言えることですが、少数精鋭ですので若いうちからやりたいことに挑戦できるチャンスがあるはずです。みなさんのチャレンジをお待ちしています。