KPMG Logo

職員紹介

LIFE at KPMG ~ KPMG で働くということ ~

雲内 聡 Satoshi Unnai

M&Aグローバル・ソリューションズ ディールアドバイザリー M&Aタックス
アシスタントマネジャー
税理士

2011年入社。学生時代はサッカーサークルに所属。現在は会社のフットサル部で活躍しているほか、同僚とゴルフも楽しむ。休日には夫婦2人で買い物などに出かけて過ごしている。

KPMG税理士法人スタッフ

人材のクオリティの高さこそ、KPMGの競争力の源泉。

My work at KPMG

KPMG税理士法人での仕事

主に総合商社や大手メーカー等をクライアントに、国内のM&Aに係る税務デューデリジェンス、組織再編に係るストラクチャー策定などをサポートしています。また、国境をまたぐクロスボーダー案件に係るアドバイス等を行うこともあり、その他、外資系企業の税務申告書作成も行っています。これらの幅広い業務に携わることができるのが、グローバルネットワークを持つ大手税務法人、いわゆるBig4の最大の魅力でしょう。その中でのKPMGの強みは、何と言っても仕事のクオリティの高さです。クライアントから「KPMGは質が高い」と評価されており、それが次の大きな案件の受注につながっています。無論、仕事のクオリティとは人材のクオリティのことに他なりません。優れた人材によるクオリティの高い仕事がさらに大きな仕事を呼び込み、その大きな仕事が若い人材を鍛えてくれるという環境がKPMGにはあるのです。
私が年間に担当するプロジェクトは10数件。新聞等で報道されるビッグディールも少なくありません。手がけたプロジェクトが新聞紙面を大きく飾ると、社会的に注目されているディールに参画できた喜びとやりがいを実感します。

My Day at KPMG

ある1日のながれ

出社

AM 出社

出社

KPMGには朝礼など、定時に全員で行う決まり事のようなものはありません。仕事の管理は各自が責任を持って行うことが基本です。
午前中はクライアントの担当者も自席にいる確率が高いので、連絡や確認業務を集中して行います。申告書作成のための確認事項など、電話やメールでクライアントと連絡を取り合います。

ランチ

Lunch

Lunch

インタビュー

PM インタビュー

インタビュー

コミュニケーションの基本はフェイス・トゥ・フェイス。特にM&Aプロジェクトとなると極秘の情報であること、限られた時間のなかで常に迅速な情報共有が求められることから、クライアントと直接顔を合わせての打ち合わせが増えます。外出の機会が多いことはこの部署の特徴の1つでしょう。
税務デューデリジェンスにおいて、クライアントの買収先の企業を訪問し、税務に関する質問を行うことも多くあります。我々はこれをインタビューと呼んでいますが、ディールの成否に影響を及ぼす税務リスクとなるような事項がないかを調査するために、過去の税務処理について細かく突っ込んだ質問を重ねていきます。それはまさに税務の観点からの健康診断のようなもの。時には矛盾点等が発覚し、エビデンスを求めてさらに深く切り込んでいくなど、先方との駆け引きも行われます。

退社

退社

退社

 

My Career Path at KPMG

キャリアパス

大学3年生の頃から税理士を志望していた私が就職先としてKPMGを選んだのは、選りすぐりの優秀な人材が全国から集まっていると感じたからでした。特に法人説明会で話をしていたパートナーや先輩については、人柄の魅力はもちろんのこと、プレゼンテーションが抜群に素晴らしく、こんな方々と仕事がしてみたい、そして、いつかは自分もこんなふうになりたいと憧れたものでした。
国際税務にも携わっているものとしては、やはりいつか海外赴任をしてみたいと考えています。海外に数年駐在し、その国の税務を肌で感じてみたいのです。税制というのは国によってまるで異なるので、現地で学ぶのが一番です。海外駐在で学べば、帰国後は間違いなくその経験が自分の武器になるはずです。

My Story with KPMG

エピソード

通常、業務はパートナーの指揮の下、マネジャー、シニア、スタッフが一つのチームとなって取り組んでいます。私はシニアですから、マネジャーの指示に従って業務を行うことになります。
ただ、最近、マネジャーが多忙ということもあって、パートナーと直接一緒に仕事をする機会が何件かありました。それも手取り足取りという感じではなく、ある程度、好きなようにやっていいと任されました。例えばデューデリジェンスのために買収先をインタビューする際のインタビュー内容や進行、報告書の作成まで、基本的には、私の考えたようにやらせてもらいました。もちろん行き詰まったときや問題が発生したときなどはすかさずパートナーがアドバイスしてくれるので、決して放任というわけではありません。自由にやらせてくれて、同時に遠くからしっかり目を配ってくれていると感じます。このように責任のある仕事を早くから任せてもらえることもKPMGの魅力だと思います。
当然ながら仕事に要求される水準はかなり厳しいものです。レポート一つとっても、クオリティに定評のあるKPMGの名前で提出するものにふさわしいか、徹底的にレビューされます。書かれてある内容が正しいことは当然として、何よりも重要なのは、クライアントが真に必要としている情報が提供できているかということです。それができてこそ、クライアントに価値を提供できていると言えるのです。
こうした考え方で厳しく指導されているため、クライアントとの対応も今まで以上に責任を持って行うようになりました。早くからこうした経験を積めたことで一気にステップアップできたと感じています。
責任ある仕事にチャレンジさせて若手を育てていく、KPMGならではの育成環境だと思います。

Message for you

先輩からのメッセージ

Big4の一角を占めるKPMGには、KPMGでなければできないビッグディールの案件がひっきりなしに飛び込んできます。クライアントからの期待は高く、それにふさわしい価値を提供しなければなりません。この厳しさの中で学べることこそ、KPMGで働く魅力でしょう。
もちろん知識やスキルは入社してから身につけることができます。私もそうでした。それよりも大切なのは、厳しさに負けない心と、絶対にプロとして評価される人材になるという志。そういう強さを持った方と、一緒に働きたいと思います。